審査に落ちる理由とは

消費者金融のカードローンは、審査が比較的緩いと言われています。使い道が自由で繰返し借入れが可能なので、契約後の自由度は高いです。その代り扱う金額は数十万円程度からが一般的なので、貸付け側のリスクもそれ程高くはないためです。住宅ローンのような何千万円もの融資の方が、審査は厳しくなります。

 

ただし、消費者金融のカードローンでも審査落ちはあります。傾向として収入の割に借入れが大きすぎる人、過去に支払遅れや未払いの金融事故を起こしていると、審査に落ちる可能性も高くなってしまいます。

 

それらの事故がない場合でも、審査に不利になる項目というのはあります。例えば勤続年数が短すぎる場合、収入がまだ安定しているとは言えない分審査も厳しくなります。頻繁に転職を繰り返している人や自営業者も、審査ではやや不利になります。

 

ただし、消費者金融はどこも、審査基準を公表していません。自分が審査に通るかどうかは、実際に受けてみるまではっきりはしないのです。また、消費者金融によって審査基準は異なります。その為、A社では審査に落ちたが同じ金利のB社では審査に通ったというケースも普通にありえます。

 

もしも審査に落ちても、諦めずに他社で試してみれば、通る可能性はあります。消費者金融同士であっても審査の基準は異なるため、例えば大手消費者金融であるプロミスとモビットの利用を考えている場合には、プロミスでNGとなってしまったとしても、期間をあけて審査を受けることでモビットの即日融資はOKとなることも珍しくはないのです。